Dentistry Tooth decay or sound tooth

いつまでも健康な歯でいるために

大阪デンタルクリニックでは、あなたの理想の大阪歯医者さんです!
お客様のお声が掲載されています!歯医者は怖くて厳しいイメージがありましたが、こちらのスタッフさんは笑顔で対応してくれて、先生も優しく対応してくれました。


8020運動に代表されるように、私たちは暮らしの中で、より歯の健康を意識するようになってきています。私たちの歯の健康を守ってくれるのが歯医者です。私が住んでいる大阪の歯医者選びをする際には、どのようなポイントを把握しておくことが大切なのかをお伝えいたします。
・ホームページを確認する:ホームページを持っている歯医者の場合は、その中身を確認することで、およその施工内容、診療日、料金などが分かりますから、1度は確認してみるようにしましょう。
・予防歯科に熱心:歯ブラシやデンタルフロスなど、様々な道具をうまく使いながら、虫歯の予防をする方向で助言指導してくれる歯医者を選ぶことが望ましいでしょう。
・納得のいく説明をしてくれる:歯の治療において、今何の治療をして、どのような効果が見込めるのか、今後の見通しはどうなのか、費用はいくらかかるのかなどを、納得できるような説明をしてくれる歯医者を選ぶことが大切です。私たち素人にはなかなか分かりにくいこともありますから、そのあたりも考慮してうまく説明をしてくれるかどうか確認しましょう。
以上のような切り口から、大阪の歯医者さん選びを考えることで、より自分の歯の健康を守ることができるようになると考えられます。それぞれに必要な大阪の歯医者選びを心がけましょう。

研究者のように検診をしてくれる大阪の歯医者さん

1ヶ月検診にいつも足を運んでいます。私が通っている大阪の歯医者は一本一本丁寧に診察してくれて、本人にとって一番いい治療法を見つけてくれます。私は上と下に永久歯ではなくて乳歯がいまでも生えていることが大阪の歯医者へ行くまで分かりませんでした。
乳歯なのでその歯がダメになったらきっかけになってしまいます。なのでその乳歯の歯をいつもコーティングしてもらったり、入念に治療をしてくれます。もう一つそこの歯医者さんへ行っていて良かったなと思うのは下の両奥歯に親不知が埋まっていて、汚れやバイ菌が入ったりすると虫歯の時のようにズキンズキンと痛くなるらしくて奥の歯茎を綺麗に掃除してもらって抗生物質をもらうようになったら親不知の痛みが無くなりました。
最初は違う歯医者に通っていたのですが、引っ越してからこの歯医者に通うようになってからこの二つの事が初めて分かりました。同じ歯医者なはずなんですが、この観察力にはビックリしてしまいました。
こういう治療をしますねとだいたい言われるのですがこの歯医者さんだと、こういう治療も出来ますし、こういう治療もできますと2つ位は選択させてくれます。前に行っていた所はされるがままの治療でしたがこの研究者のような大阪の歯医者と出会えて良かったです。

歯の検診の大切さについて

歯の治療は、だいたい三ヶ月から半年に一回受けることが望ましいです。歯科検診を受けることはとっても大事なことで、初期の小さな虫歯や、歯周病、口の中の異常などをいち早く見つけてもらうことができるからです。初期の異常は、自分でも気付かない時が多く、気付いた時には深刻な症状になっていることも多いです。
一度虫歯になった歯を健康な歯に戻すことはなかなかできません。ましてや大人の歯が抜けてしまったり、抜いてしまうと二度と生えてくることはありません。そうなることを防ぐためにも歯医者さんに行くことは大切なのです。そして、定期検診での費用はだいたい三千円から四千円ぐらいで済みますが、もしひどい虫歯になるとその費用も数倍かかってしまいます。
費用のことを考えても定期的に受けに行くことが大事だと分かります。また、歯の検診では口の中の異常を見つけてもらえるだけではなく、歯垢や歯石をとってもらえたり、磨き残しのチェックや歯のクリーニング、ブラッシングのアドバイスなどもしてもらうことができます。
アドバイスをもらえることで、より確実な口腔ケアをすることができ、虫歯や歯周病を防ぐことに繋がります。高齢になっても自分の歯で美味しく物を食べるためにも、面倒くさいからと言って歯医者に行くことを怠らないことが大切です。

症状がなくても年に一度は歯科へ行こう

歯医者と聞いて、「痛い」「怖い」というイメージが強く、痛くてどうしようもなくなり、重い腰をあげてやっと歯科へ・・・という方も少なくないかもしれません。
我慢できなくなれば歯科へ行くしかないのですが、実は自覚症状がなくても定期的に歯科へ行った方が、後から痛い思いをしなくて済むことが多いのです。
私達は毎日いろいろな物を食べて飲み、またタバコを吸われる方もいるかもしれません。口の中でいろいろな菌にさらされている歯は酷使されっぱなしで、かなり疲れています。
丁寧に歯を磨いていると自覚していても、歯と歯のすき間や奥歯など歯ブラシでは届かないところに食べカスがたまり、歯石がつきやすくなります。
歯の表面や裏側をよく見ると、黒ずんでいませんか?コーヒーやお茶などのカフェインをよく摂取される方は、歯が着色しやすくなります。ニコッと笑った時に前歯が着色で黒ずんでいると、せっかくの笑顔が台無しですよね。
定期的に歯医者で検診をしてもらい、歯石や着色取りをすることで歯周病の予防にもなりますし、うまく磨けていない歯がある場合は、歯間ブラシやデンタルフロスを使った効果的な歯のお手入れの仕方を教えて頂けます。
こうやって定期的に歯科へ行くことで、自分の歯や歯茎の状態がわかりますし、痛くなる前に予防することができます。自覚症状がなくても年に一度は歯医者へ行き、自分の歯のメンテナンスをしてあげましょう。

歯科で歯石除去を受けるペースについて

歯医者は虫歯を治療する医療機関というイメージがありますが、歯石除去を受ける事も出来ます。日常生活の中の食事で食べ物のカスが歯に付着して歯石が溜まってきてしまいます。放置してしまうと虫歯や歯周病になってしまうので歯医者で定期的に歯石除去を受ける必要があります。そこで歯医者で歯石除去を受けるペースについて見ていく事にしましょう。

【基本的には半年に1回】 歯に歯石が溜まってくるのは半年と言われています。日常生活の中で歯磨きをして歯石が溜まらないように対応していきますが、それでも歯石が少しずつ溜まってしまい半年を過ぎてしまうと歯に悪影響を及ぼす可能性があります。半年に1回のペースで歯科で歯石除去を受けるようにしましょう。

【歯茎から血が出る事が多い時は3ヶ月に1回】 歯磨きをしている時などで歯から血が出る事が多い時は歯茎に悪影響を及ぼしている可能性があります。放置してしまうと歯周病になってしまう可能性があるので歯茎から血が出る事が多い時は3ヶ月に1回のペースで歯科で歯石除去を受ける必要があります。また歯茎の治療も並行して行っていく必要があります。

歯科で歯石除去を受けるペースについてはこのような感じになっているのでしっかり把握してから受けるようにしましょう。

子どもの笑顔が溢れる小児歯科

幼い頃からとにかく歯医者が苦手だった私。子どもには同じように怖い思いや煩わしい思いをさせたくないと、息子の歯のケアには気を遣おうと決めたのです。自宅近くに大阪でも有名な小児歯科がありました。大阪の歯医者についてママ友からの評判を聞いて問い合わせてみると「1歳半を目処に来院してください」とのことでした。歯医者のドアを開けて驚くのが、「ここはデパートのキッズスペース?」という空間が広がっているのです。おもちゃで遊んだり、絵本を読んだり様々な遊びを楽しむ子供達。母親もソファで寛いだりお茶を飲んだり、その後方に治療スペースがあるのに違和感を…

よい歯医者の選び方

私たちの多くが小さい頃から慣れ親しんでいる歯医者さん。歯医者さんにも様々なタイプがあり、自分が通院する際に大切になることを、以下にまとめてみることにします。・分かりやすい説明をしてくれる:歯科治療を受けるにあたって、今何の治療をしているのか、期間はどのくらいかかるのか、費用はいくら位になりそうかなど、自分が気になることを、どの程度分かりやすく説明してくれるか、確認することが大切です。・予防歯科に力を入れている:毎日の歯磨きなどのケアの方法、頻度などについて、力を入れて説明してくれるか否か確認することも大切です。やはり、虫歯や歯肉炎な…

いくつになっても自分の歯で食べる

いくつになっても自分の歯で食べる、高齢化が進む中で、私たちのより豊かな生き方を支えてくれます。自分の歯の健康を守るためには、日頃のブラッシングなどの習慣を保つことの他に、必要時に歯医者に通院することが大切になります。歯医者選びをする際には、以下のような点に留意することが大切になります。・スタッフの対応が良い所を選ぶ:通院してすぐに手続きをする受付、ブラッシング指導をしてくれる歯科衛生士、治療をしてくれる歯医者さんなど、スタッフそれぞれの対応が良い所を選ぶことが大切です。・通いやすさを考慮する:自宅から、職場から可能な限りアクセスが良…

奥歯が取れたままの生活

現在、上の奥歯が取れたままの生活をしておりますが過去に歯医者にて感知させた筈である奥歯がある日に取れてしまいそれから、そのまま放置して今に至ります。元々は奥歯が痛い事から始まりましたが梅田の歯医者通いにて治療は数回にかけており治療が難航している状態ですが奥歯の大部分を長期間掛けて削り取って大部分の銀歯を作成し奥歯に取り付けました。しかし約2年後のある日に突然何の前触れもなく奥歯の銀歯がポロリと取れてしまいましたので私が奥歯を保管して後日、梅田の歯医者へ持って行きましたが歯医者さんからは、何とかもう一度取れた奥歯を取り付ける事が出来そうだと言…